異なる方式での方法|お金をすぐに調達したいなら、まずはクレジットカード現金化!

お金をすぐに調達したいなら、まずはクレジットカード現金化!

異なる方式での方法

小銭

多くの業者では昔から買取方式という形でクレジットカード現金化をおこなってきました。
その内容については他の記事で説明したとおりです。

そして最近ではネットの普及が進み、買取方式だけではなく「キャッシュバック方式」という形でもクレジットカード現金化がおこなわれるようになったのです。

キャッシュバック方式というのは、業者がオンラインショップでキャッシュバックがついた商品をあなたに指定し、それを実際にショッピング枠で買ってもらうことでキャッシュバック相当分のお金があなたに振り込まれる方法となります。

そしてこの際には、いろんな理由で換金率が変化していきます。
一般的には20万円までなら一律で80%くらいになっているところが多いでしょう。
ただ利用金額がそれを超過することで、換金率が上昇する傾向にあります。
たとえば100万円のクレジットカード現金化をおこなう場合は、業者によって98%という高換金率になることもあるのです。

ただし、利用金額に問わず一律で高換金率にしているところは非常に危険なので、そういうところはスルーがおすすめです。
悪徳業者の多くはこのようなパターンで営業しています。

現在クレジットカード現金化を利用する人の多くが「小口利用が多い」という状況になっています。
つまりまとまったお金を得たい人よりも、数万欲しいという人の利用が多いのです。
そうなると、一律高換金率はあきらかに業者側が薄利になってしまいます。
そのため円滑な経営をしていくためには、少ない利用金額の場合において同時に換金率を下げなければいけないわけです。